2017年12月23日

1深層部位経絡マッサージとは

深層部位経絡マッサージとは

経絡マッサージ?
聞きなれない言葉ですよね‼

簡単に申しますと、身体のツボ上を通る道を『経絡』と言って、その線路のような道がお腹側の任脈と背中側の督脈、枝分かれしている12通りの経絡があります。

その線路のような道をマッサージする事を経絡マッサージといいます。

東洋医学の昔からある経絡マッサージは服の上から経絡に沿ってのツボ押しが主流でした。

現在は経絡リンパマッサージとしてエステサロン等でもダイエットや身体の不調をメインで行っています。

では、深層部位経絡マッサージとはどういうものかと申しますと、

経絡マッサージは東洋医学の経絡「気の通る道」をマッサージする手技です。

もう一つは、深層部位の筋肉をマッサージするもので、実は全く別物です。、、(^w^)


深層部位筋肉マッサージ+経絡マッサージが正式名になります。icon10

長いですー(((^^;)

それも私の目指すところの「東洋医学と西洋医学のコラボ整体」ですね~♪♪^o^

慢性的な筋肉の痛みは、ただ緩めるだけでは根本の緩めにはなっていきません。

患者様自身もなんか物足りないっていう感覚だったり、痛い所をやってくれない感覚になるのは、凝り固まった所は深層部位だからなのです。

私はいつも思います。
患者様の凝り固まった所を一度、外に出して洗濯板でごしごし出来たら便利だろうなぁ♪って……(笑)






腰痛の方は「腰方形筋」が凝り固まっていて腰椎や腸骨に付着している場合が多いので少し強めに外すような感覚で緩めていくと凄く楽になります。






肩こりの代表的な筋肉がこの僧帽筋です。
ディスクワークや同じ姿勢での肩こりはこの僧帽筋が緊張して縮んでしまっています。
身体の筋肉って複雑に絡んで動かしているんですね(゜.゜)






慢性的肩こりの場合はこの僧帽筋に加え、僧帽筋の内部にある棘上筋、少円筋、棘下筋、肩甲下筋が凝り固まってるので、充分緩めると楽になります。





腕が上がらない方は、この大円筋が縮んでしまってます。
この大円筋を時間をかけ、ゆっくり伸ばしていくと手が上がるようになります。






「もみほぐす」というと大変気持ち良いと思われがちですが逆に筋肉を痛めたりする場合もありますので、「つかむ、押さえる、引っ張る、動かす」という感覚になります(^^)


心とからだを大切に❤
【女性専用 完全予約制】
いずみ整体療術院 tell090-1190-2492

営業時間10:00~19:00迄
木曜日 祭日休み

※当日のご予約はお受け出来ない場合もありますので、お早めのご予約をお願いいたします_(._.)_
  


Posted by izumisaitai at 01:04Comments(0)施術の方針

2017年12月22日

カイロプラクティックや整体やマッサージの違い






カイロプラクティックと整体とマッサージの違い

腰痛や肩こりを治すための方法に整体やマッサージを思い浮かべるかと思いますが、実は双方ともそれぞれ特徴があります。

整体は主に親指で押して指圧し、筋肉をリリース(筋肉の働きを正常に戻す)する療法で整体師が行う整体術は骨格を同時に整えます。

一方のマッサージとは筋肉を揉んだり擦りあげたり、もみほぐすといった血行促進がメインになりますので骨の骨格の調整は基本は行いません。

しかし、我が国はカイロプラクティック、整体、マッサージ、接骨院など、国で定められた規定はなくそれぞれの手法で自由に行う事が出来きます。

骨の歪みを整えるというイメージのカイロプラクティックがマッサージ専門だったり、マッサージ院が骨の矯正を重視したりとその名称だけでは判断は出来ないのが現状です。

患者様は、先生との信頼性や相性などもありますので、ご自身でまず行かれて判断される事をお勧めします(^^)
  


Posted by izumisaitai at 01:14Comments(0)施術の方針肩こり

2017年11月30日

いずみ整体の在り方






整体と聞くと、骨をポキポキ鳴らして痛いというイメージがありますよね!(>_<)

当院の整体はツボ押しと痛んだ患部の筋肉を和らげ骨の歪みを矯正する整体です。

患者様の不調の原因をまず患者様と共に考え、ライフスタイルから改善する事が大事だと思っています。

患者様の不調を当の本人が感じるという事は、たとえ検査結果が異常無しでも必ずどこかに原因があります。
身体の何処が痛いのか、いつ頃どうやって痛めたのかを充分把握することが必要だと思います。

患者様とその不調の根本的な原因を取り除いて健康な身体作りのアドバイスをさせて頂ければ幸いです(^^)  


Posted by izumisaitai at 13:55Comments(0)施術の方針